多相睡眠って知っていますか? 今、注目の眠り方をあなたに伝授!!

Health & Beauty 2014年07月10日(木)

多相睡眠って知っていますか? 今、注目の眠り方をあなたに伝授!!

睡眠の多様性

必要な睡眠時間は目安として定められていますが、忙しくて気持ちに余裕がなかったり、悩み事があったり、なかなか眠れない時には「何時間は寝ないといけない」とプレッシャーに感じることがあると思います。今回は、睡眠の多様性についてご紹介しましょう。

脳が疲れやすいかどうかで、適切な睡眠時間は変わる!

「ショートスリーパー」「ロングスリーパー」という言葉を聞いたことはありますか? ショートスリーパーは習慣的に睡眠時間が6時間以下でもスッキリと疲れがとれ健康を保てる人で、ロングスリーパーは十分な睡眠の効果を得るのに9時間以上を要する人をいいます。

歴史上の偉人で、ナポレオンの睡眠時間は3時間ということを知っている人は多いのではないでしょうか。また、ロングスリーパーとして知られていたのはアインシュタインです。両者の違いは、脳の疲労度と関係があると考えられており、性格や体質にも密接に関わっているといわれています。

一般的に、ショートスリーパーは、脳が疲れにくいタイプで、くよくよせず外向的で肯定的思考の持ち主であるとみられています。一方、ロングスリーパーは物事を深く考えるなど脳を酷使しがちな人で、真面目で内向的な性格の人が多いとされています。

でも、実際には両極のどちらかではなく、中間の人がほとんどです。それぞれの特徴を見てわかる通り、物事が順調に進むなど脳の負担が軽ければ睡眠時間が短くなり、深く考えたりしている時にはいつもより長い睡眠時間を要する場合もあります。

ひとを含む動物は、生物学的には1日に複数回眠るのがしっくりくるらしい!

今説明した2つの異なる睡眠タイプですが、実は睡眠パターンにすると同じ「単相睡眠」に分類されます。これは1日24時間のうちまとめて1回だけ睡眠をとるということ。単相睡眠は、照明器具が発明されて人々が夜も活動できるようになってから定着した睡眠パターンです。

本来、生物学的には、1日の間に何度か「起きて」「寝て」を繰り返す「多相睡眠」が自然でした。ほとんどの生物は「サーカディアン・リズム」あるいは「概日リズム」といって1日の中で生理機能に波がありますが、人にもこのリズムがあって、それに応じて睡眠をとっていたというのです。人の場合は1日2回の大きな波があるようです。

一般的に午前中から正午頃に活動的になるピークがきます。その後、午後2~3時頃にそれが落ち込み、午後4時頃から再び高まって、夜、それぞれの体質に合った就寝時間に向けて再度低下、就寝中の午前2~3時に最低になります。そのため24時間で2回寝ていたのです。こうして見ると、スペインのシエスタは、このサーカディアン・リズムの理にかなっていますね。

このリズムが狂うと私たちは体の不調を感じます。時差ぼけがまさにその状態です。このように私たちの睡眠パターンはもともと単相睡眠ではなく、多相睡眠だったのです。イタリアのルネッサンス期に活躍したレオナルド・ダ・ヴィンチは、多相睡眠の超ショートスリーパーで、4時間ごとに15分ずつ寝ていたといいます。

「最短時間でスッキリ!」の多相睡眠ができるアイマスクが完成する日も近い?

今や単相睡眠が主流となっていますが、最近、人々の生活も多様化していたり、不眠症に悩む人がいたりすることから、眠れる時睡眠をとるという多相睡眠が注目されるようになっているようです。それは、こまめに睡眠をとることで、作業能率が上がったり、トータルの睡眠時間を短くできたりすることが実験などから明らかになってきているためです。

そんな状況の中、業界で注目されたのが、ポーランドの医学生、カーミル・アダムジクさんが開発した多相睡眠を促進するためのアイマスク「NeuroOn」。プロジェクト支援サイトで高額の支援金を獲得したほか、ポーランド大統領からも応援されていることで話題を呼びました。

このアイマスクは、脳波や筋肉、目の動きなどの計測によって、レム睡眠とノンレム睡眠を区別し、効率的な睡眠パターンがわかるというもの。不眠症などで悩む人が病院で受ける検査を自宅で気軽に行うことができます。

さらに起きるのに最適なタイミングで、最初は光を使い、それでも起きない場合は振動、その次は音を使ってという具合に気持ちの良い目覚めまで導いてくれるというものです。こうして効率的に睡眠をとり、スッキリと目覚めることができるとされています。

まだ研究の段階ですが、本当に忙しくて寝る間も惜しい時がある人、不眠に悩んでいる人にとってはうれしいアイテムではないでしょうか。

効果や安全性が確かめられて、実用化される日が早く来るといいですね。

【参考】
快眠工房「睡眠は努力すれば減らせる!?」
心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室「不眠症と多相睡眠」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂