眠気が取れないのはなぜ? 鉄分不足を考えたことはありますか?

Work 2014年07月09日(水)

眠気が取れないのはなぜ? 鉄分不足を考えたことはありますか?

取れない眠気

仕事中のしつこい眠気。夜の睡眠時間を見直さなくてはと思って、寝る時間を増やしてはいるものの、眠っても眠っても日中の眠気が取れないという方はいませんか? 仕事中に眠気が取れないのは、睡眠不足の他、鉄分不足が原因である可能性もあります。自分は鉄分不足にあてはまっていないか、一度チェックしてみましょう。

眠っても眠っても眠気が取れない!鉄分不足が原因かも!

普段、眠っても眠っても昼間の眠気が取れないという場合、睡眠に関する病気など、色々な原因が疑われますが、鉄分不足が原因のこともあるようです。特に体がだるい、疲れやすいという方は要注意。鉄分欠乏で起きる貧血の症状だといわれています。鉄分が不足すると、貧血になって全身酸欠の状態になり、疲労感が出てくるのです。

また、この鉄欠乏性貧血は、睡眠不足の場合もなりやすいといわれています。

もし、睡眠不足と共に、立ちくらみやめまいが起きる、冷え性、肩がこっている、体がだるい、朝食を抜きがち、口内炎や舌炎ができやすい、肌につやがないなどという条件にあてはまる場合には、一度鉄分不足による貧血を疑うのがよさそうです。


>>病院へ行ったほうがいい症状


あなたは鉄分が足りている? 食事に鉄分を摂りいれよう!

鉄分はどうすれば摂ることができるのでしょうか。一日に必要な鉄分は、成人男性は約12~15mg、成人女性は約15~20mgだといわれています。女性は男性と比べて、生理や妊娠・授乳などで鉄分が失われやすいので、より多く必要なのだそうです。

鉄分の多い食品とは、牛・豚・鶏などのレバーや牛もも肉、まぐろの赤身やかつお、あさりやしじみ、大豆や大豆製品、小松菜やほうれん草などの緑黄色野菜、ひじきやもずく、のりなどです。

ただ単に鉄分を多く摂取するだけでなく、鉄分の吸収率を上げるビタミンCの含まれる食品も合わせて摂取すると、より良いといわれています。中でも、ほうれん草は葉酸というビタミンを含むことから、血を作るためには特に重要だといわれています。

貧血を退治すれば、仕事の能率もアップする!?

眠気が取れない原因が鉄分不足である場合、集中力や記憶力の低下も症状として現れるといわれています。このことから、貧血は仕事の能率を下げてしまう可能性があるといえるでしょう。鉄欠乏性貧血を予防するためには、まず睡眠時間をしっかりと確保し、夜更かしや不規則な生活は避けるようにするといいそうです。適度な運動も欠かせません。

また、意外とやってしまいがちなのが、食前・食後のコーヒーや紅茶、緑茶です。これらのドリンクに含まれるタンニンは、鉄分と一緒に摂ることで、鉄分の吸収を妨げてしまうといわれています。

食前のコーヒーや緑茶は食後の眠気を抑える働きもありますが、食事の際は水や麦茶、ほうじ茶などを選ぶのが鉄分摂取のためのポイントです。

【参考】
日経ウーマンオンライン「疲れきった心をフワッと軽くしたい」 太田由紀子氏
総合南東北病院「あなたは大丈夫ですか?鉄欠乏症貧血『女性に多い病気シリーズ』」

photo by frontriver

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂