産後の不眠に悩んでいる女性は必見! 骨盤の歪みが原因?

Medical 2014年07月08日(火)

産後の不眠に悩んでいる女性は必見! 骨盤の歪みが原因?

産後の不眠

出産は女性にとって、精神的にも体力的にも大変なものに違いありません。無事に赤ちゃんが生まれた! とひと安心したら、次は自分が不眠に……なんてことになったら身体がもちませんよね。今のうちに、その原因と対策をしっかり学んでおきましょう。

産後の不眠は「骨盤」を疑おう

出産を経験した女性が不眠に悩まされる、というケースがあるようです。これにはどのような原因が考えられるのでしょうか?

原因の一つに「骨盤の歪み」があるといわれています。骨盤が歪むことにより、背骨の歪みが生じて、血液循環の悪化やホルモン分泌の低下、筋肉の緊張、自律神経の乱れなどが引き起こされて、睡眠の質が低下すると考えられているのだそうです。

筋肉の緊張状態が続くと、精神的にもリラックスすることができなくなってしまい、血液循環が悪くなるのだとか。結果的に、脳を休めることもできなくなるという悪循環に陥ってしまうというわけですね。

産後の不眠は内的要因も。マタニティーブルーズって何?

上記のような身体的な原因のほかには、産後うつ(マタニティーブルーズ)というものも考えられます。これは、不安で大変な思いをした出産を終えたことで、その反動などもあり、精神が不安定になる状態を指します。

一説には、産後2~3日で30~50%の人が産後うつになるといわれているそうです。具体的な症状は不眠のほかに、イライラしやすくなったり、情緒不安定な状態になるということがあげられます。

この産後うつの特徴の一つに、一過性のものということがあります。つまり、パッと現れて、パッと終わるということ。ですから、周囲の人たちも無理に励ますのではなく、温かく見守ることが大切だといわれています。

悩みの元を断つには周囲の協力も必要

これらの対策について、最後に少しご紹介したいと思います。

まず、骨盤の歪みに関しては、整体院などに言って相談することが大切です。歪みを解消することで、快適な睡眠を取り戻すことができると考えられています。

続いて、産後うつについて。これにはやはり周囲の理解が必要です。赤ちゃんが生まれたばかりの母親は、こんなに小さな子がちゃんと立派な大人になるまで育てることができるのか、1人で不安を抱えてしまうもの。赤ちゃんが泣きやまないなど、少しでもうまくいかないことがあるとすべて自分の責任だと感じてしまうことがあるのだそうです。

周囲がしっかりサポートしてあげて、それでも症状がよくならない場合はクリニックのカウンセリングなどを受けてみると良いでしょう。

【参考】
ハルモニア鍼灸整骨院
電子書籍『産後うつとマタニティブルーズ』

Photo by jiva

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂