デスクワークの眠気解消法!仕事がサクサク進む秘密を大公開!!

Work 2014年07月06日(日)

デスクワークの眠気解消法!仕事がサクサク進む秘密を大公開!!

デスクワークと眠気

仕事が単調なデスクワークを続けているときにくる眠気は耐え難いものです。この眠気はきっと誰もが経験していることではないでしょうか。そんなときにこそ試したいのが、今からご紹介するある方法です。道具も特に必要なく、簡単にできるこの方法は、脳が活性化されて集中力が高まる画期的な内容です。早速チェックしてみましょう!

「姿勢を正す」は集中力アップに効果あり! デスクワークの眠気にも効果的

あなたはデスクワークをしながら、いつのまにか背中が丸まり、猫背ぎみになってしまっていませんか? 姿勢は自分では気づかないうちに悪くなっているものです。そんなときにシャキッと背筋を伸ばして姿勢を正すと、それだけで驚くべき効果があるのです。

正しい姿勢をキープしようとすると、脳が筋肉に指令を出して、筋肉が正しい姿勢を保とうとします。すると脳と筋肉が協働して活性化し、集中力が高まるといわれています。

このように、姿勢と集中力というのは密接なかかわりがあります。

デスクワークをしながら眠くなったり、集中力が落ちてきたなと感じたら、すぐに姿勢を正してみましょう!

猫背がもたらすデメリット

姿勢が悪いと、脳の働きが悪くなり、集中力の低下を招くといわれています。そのメカニズムはこうです。

まず、悪い姿勢を続けると、首や肩の筋肉が緊張し、血流の流れが悪くなり、脳への血液循環が滞ってしまいます。すると、脳へ酸素や栄養が十分に行き届かなくなり、脳の働きが低下してしまいます。こうして十分な集中力が発揮できなくなってしまうのです。

猫背は一見、楽な姿勢のように思われるかもしれませんが、実は首や肩、背中にも大きな負担がかかっているのです。そんな姿勢を続けていれば、当然疲れやすくなり、さらに脳の活動も鈍くなるために、ますます集中力が落ちるといったように、いいことは何一つありません!

姿勢を正すと集中力が増し仕事がサクサク進む!

デスクワークをしながら正しい姿勢をキープすることは、集中力が高まるだけでなく、仕事への意欲がわいてくる、疲れにくくやる気が持続するなどの嬉しいメリットもあるといわれています。この意欲ややる気は、自律神経に関係しています。

姿勢が悪いときはたいてい背骨が丸まり、内臓に負担がかかった状態にあります。すると、呼吸や心臓の動きを調節する働きのある自律神経が乱れてしまい、やる気と集中力の低下につながってしまうのだそうです。

姿勢を正すと呼吸もしやすくなるため、血行がよくなり、酸素が体じゅうにめぐるようになります。結果的に健康全般にいい影響が出てくるのです。

もしデスクワークの際に集中力が落ちてきたなと感じたら、姿勢を正してキープするのを意識してみてください。

集中力とやる気が低下し、居眠りしてしまうような状況になる前に、ぜひ対処したいものです。

【参考】
整体院ゆじゅ「姿勢と集中力の関係とは」
書籍『機長の「集中術」』小林宏之著 阪急コミュニケーションズ

photo by sabamiso

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂