睡眠と瞳の深~い関係! メラトニンの働きを知ってきらりと光る瞳になる

Health & Beauty 2014年06月22日(日)

睡眠と瞳の深~い関係! メラトニンの働きを知ってきらりと光る瞳になる

睡眠と瞳の深~い関係

睡眠と瞳の密接な関係を知っていますか? キラキラした瞳は男性、女性関係なく、魅力的なものですよね。しかし、睡眠を十分にとっていないと、不健康さが現れてしまうのです。その関係性はなかなか知られていません。理由をしっかりと知り、キラキラ瞳ライフを送りましょう!

前頭葉を休ませてキラリとした瞳を保つ

就寝時には、やる気や優しさ・寛容さを司る前頭葉を休めています。この前頭葉が休まらないと「死んだ魚の瞳」と呼ばれる状態に陥ってしまうのです。空気を読んだり、相手の心を慮ったりするのも前頭葉の役割、そうしたことは人間関係や仕事では欠かせません。きらりと光る瞳を確保するために、必要な健康的な睡眠を考えていきましょう!

メラトニンの分泌を促して睡眠で健康を取り戻そう

就寝時には、アンチエイジングと深い関わりをもつメラトニンが分泌されています。他にも、免疫機能の改善や血圧・心拍数の低下などの作用もあるといわれています。すなわち、メラトニンは健康・美容の大本となる大切な物質なのです。きちんとメラトニンを分泌できるような睡眠を確保していくことこそが、あなたの瞳を守ることにもつながるのです。

就寝中に瞳から光を感じるとメラトニンがスムーズに分泌されなくなることがわかっています。瞳を休ませることが、瞳そして身体の健康につながるのです。

正しい瞳の休ませ方を知って体内リズムを整える

正しい瞳の休ませ方とは、睡眠時しっかり明かりを消して眠ることです。明かりをつけたままだと、瞳が覚醒している状態では脳が休まらないのです。朝起きたときにはしっかりと朝の光を浴びましょう。光のONとOFFが体内時計を正常化し、瞳をきちんと休ませてくれます。

最近では就寝直前にスマートフォンを操作するようなことも問題になっています。暗い中で画面を操作するのはもちろん瞳に悪影響を与えますし、脳が覚醒してしまい深い眠りにもつきにくくなるといわれています。就寝1時間前には、瞳に強い光を当てる機器から離れてリラックスしてくださいね。

健康的な心身は瞳に現れます。体内時計を整えて、きちんとした睡眠を確保していきましょう。

Photo by Samuel johnson

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂