あのイヤな「食後の眠気」の原因は、食事の摂り方にあった!?

Health & Beauty 2014年06月21日(土)

あのイヤな「食後の眠気」の原因は、食事の摂り方にあった!?

食後の眠気の原因

「会社でランチタイム後の眠気に悩まされている」 さらに悩まされているだけでなく「寝てしまって上司に怒られている」という方も多いのではないでしょうか? 実は、眠くなるのにはそれなりの理由があるようです。

会社で襲われる辛い「食後の眠気」

会社のランチタイムの後に眠くなるのは、とてもツライものです。このまま眠ってしまえたらどんなに気持ちよいものかと思ってしまう方も多いでしょうが、実際には、そう簡単にはいきません。

そもそも、なぜ食後に人は眠くなってしまうのでしょうか? そこで今回は、食後の眠気の原因とその対策について調べてみました。毎日、会社であの眠気に悩まされているという方はこの機会にぜひ一緒に学んでみましょう!

なぜ食後に眠くなってしまうのか?

食後に眠くなってしまう原因の1つに「消化機能の働きの低下」が考えられます。時々ではなく、連日のように食後の眠気に悩まされている方は、もしかしたら一度、消化のよいランチメニューに変更してみるとよいかもしれません。

もう1つ考えられる理由は「前日の夕食の時間」だそうです。寝る直前の食事や飲酒は、寝ている間も内蔵が働いている状態をつくってしまうので安眠を妨げるといわれています。つまり、夜間の睡眠の質の低下が昼間の食後の眠気を生む原因になるというわけです。

これにはドキッとした方も多いのではないでしょうか? 寝る直前までお酒を飲んでいたり、深夜に締めのラーメンを食べていたりしている方は注意が必要です!

食後に眠くならないための食事方法とは?

前日の食事時間などは改めるとして、ほかにできることはあるのでしょうか? それはやはり「消化機能を高める食事」のようです。

具体的にはどのようなメニューがよいかというと、まず挙げられるのが「麦とろごはん」。糖質を代謝するうえで欠かせないビタミンB群を多く含んでいるので、よく噛んで食べると脾胃を養生することできます。

他には、カボチャ、キャベツ、ジャガイモなどの食材も胃腸によいといわれています。明日のランチに試してみてはいかがでしょうか?

最後に、食べ方のポイントを少し。食前に300~500ccの水を飲み、腹八分目の量をゆっくりと食べると食後に眠くなりにくいと考えられているようです。

Photo by gunner grimnes

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂