最近、寝ているときに頭痛がする――「睡眠時頭痛」の原因とは?

Medical 2014年06月17日(火)

最近、寝ているときに頭痛がする――「睡眠時頭痛」の原因とは?

睡眠時頭痛

ズキズキと突然、頭痛がして目が覚めた。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 頭痛はその原因がわかりづらいものなので精神的にも不安になってしまったりしますよね。そこで今回は「睡眠時頭痛」について調べてみました!

「睡眠時頭痛」の悩みは本当に辛いもの

寝ているときにズキズキと頭が痛む。これは経験がある方もおられることと思いますが、本当にイヤなものですよね。みんなが熟睡中の真っ暗な夜中に、原因がわからないのに頭が痛くなると「自分は何かの病気なのではないか!?」とマイナス方向に考えてしまうこともあるかもしれません。

この頭痛にはちゃんと名前があるそうで「睡眠時頭痛」と呼ぶのだそうです。別名は「時計頭痛」または「目覚まし時計頭痛」。寝ていてもこの不快な頭痛のせいで目が覚めてしまうので、このように呼ばれているのだとか。

睡眠時頭痛の診断基準とは?

ちなみに、頭痛専門の病院に行ったことがある方の17%が、夜間または早朝に頭痛に悩まされているというデータもあるのだとか。

この睡眠時頭痛の診断基準は「睡眠中だけ頭痛がする」「自律神経症状が確認されない」「1カ月の間に15回を超えて起こる」「その他の疾患で起きる頭痛ではない」の4つだそうです。

みなさんはいかがでしょうか?  1カ月のうちに半分以上、夜中または早朝に頭痛がするという方は「睡眠時頭痛」に悩まされているということですね。ただ、この睡眠時頭痛、診断基準は明確でも、残念ながらその原因はまだわかっていないのだそうです……。

原因と治療法

明確な原因は不明でも、深い睡眠からの急速な目覚めや血液中の酸素不足などが関連していると考えられているようですよ。早く原因が解明されてほしいですよね!

睡眠時頭痛の治療法は、睡眠前にカフェインやリチウムを飲むというものがあるそうです。カフェインは脳の血管が広がり過ぎるのを防ぎ頭痛を軽減すると言われています。一方、リチウムはなぜ効果があるのかはわかっていないようですが、躁うつ病にも使われている薬だそうです。

夜中や早朝の頭痛に悩んでいる方は、ぜひ上記の診断をしてみてください。当てはまるようであれば、できるだけ早くお医者さんに診てもらうようにしましょうね!

 

【参考】
徳島県医師会
書籍『頭が痛くて眠れない! 睡眠関連頭痛の原因と対策』

 

Photo by James Photography

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂