睡眠中の歯ぎしりを防止するには? マウスピースのススメ

Lifestyle 2014年06月16日(月)

睡眠中の歯ぎしりを防止するには? マウスピースのススメ

睡眠中の歯ぎしり

睡眠中に自分でも気付かないうちに歯ぎしりをしたり、歯を食いしばっていたりする方は要注意です。顎関節症などの症状で口が開かなくなり、知らない間に自分で歯を削ってしまうなんてこともあります。マウスピースを作るなどして、早めに対策をとりましょう。

歯がどんどんすり減っている? 睡眠中の歯ぎしりに要注意

朝起きると、口が疲れていることはありませんか? 夜寝ているときに、歯ぎしりをしていたり、歯を食いしばっていたりする可能性があります。また、家族に歯ぎしりの音が気になると言われたことはありませんか?

これらの症状は、放置しておくと大変なことになります。歯がすり減ったり、欠けてしまったり、歯周病の原因にもなり、顎関節症になる可能性も高いです。軽く捉えがちですが、まずは病院に行き、症状を確認しましょう。また歯ぎしりは、睡眠が浅い状態で発生するといわれており、睡眠の質を悪化させる原因にもなっているのです。

歯ぎしりは原因不明?

歯ぎしりの原因ははっきり解明されていません。歯の噛み合わせや、遺伝の影響が強いと言われていましたが、最近ではストレスとの関係も調べられています。ストレスによって症状がひどくなることもあるようです。

自分でできることとして、日常生活のストレスを減らすこと、口周りの筋肉をマッサージなどでやわらかくしておくこと、リラックスした状態で眠りにつくことなどがあります。

寝ている時だけでなく、日頃から歯を噛み締める癖がある人もいます。昼間は、自分で意識して直していくことが大切です。自分にできることから始めましょう。

睡眠時にマウスピースのススメ

口腔外科にいくと、一般的にマウスピースによる治療を勧められます。そこで、睡眠時に装着する、スプリントと呼ばれる透明な樹脂でできたマウスピースを作ることになります。マウスピースと聞くと高いイメージがありますが、これには保険が適応され、5000円程度で自分に合ったマウスピースを作ることができます。

装着することで、歯の摩擦を抑え、歯がすり減ることから守ってくれます。型をとって1週間後には自分専用のマウスピースを作ることができます。これで症状を抑えられる人も多いので、一度試してみてください。睡眠の質を高めるためにも、一度診察を受けることをお勧めします。

 

【参考】
日本経済新聞「睡眠障害の危険性も 歯ぎしり、早期対応が重要」

 

Photo by Paolo Signorini

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂