睡眠前の英語のススメ! 聞いているだけで力がつく

Lifestyle 2014年06月12日(木)

睡眠前の英語のススメ! 聞いているだけで力がつく

睡眠中の英語学習

睡眠前に学習すると、睡眠学習の効果で定着率が高くなります。その効果を利用し、英語を聞きながら眠りに入りましょう。継続的に続けることで英語力がアップするといわれています。インターネットを使えば、楽しい英語コンテンツを無料で手に入れられ、楽しく英語力のアップを目指すことができるのです。

睡眠学習の効果

ある心理学者が行った実験の結果、睡眠をとった場合、睡眠をとらなかった場合と比べて、時間が経っても記憶が維持されていることがわかりました。そして、睡眠をとらなかった場合、記憶はどんどん薄れていくという結果になったそうです。

睡眠は、記憶を定着させるのに重要な要素です。暗記をする場合、寝る前に頭に入れるのが良いと言われています。勉強をした直後に睡眠をとると、学習効果が高まるそうです。睡眠中に貯められた記憶が、長期記憶として保存されます。これは、仮眠でも効果があると言われており、勉強した後に60分ほどの仮眠をとると効果的だと言われています。睡眠を上手く利用して記憶を定着させていきましょう。

英語が苦手でも大丈夫! 睡眠を利用して継続的に行う方法

英語が苦手な人や時間がないけど英語を勉強したいという人には、寝る前の継続的な勉強をおすすめします。英語を聞きながら寝ることで、頭にしっかりと入っていきます。目を閉じ、英語のリスニングをしながら脳だけを働かせ、そのまま眠りにつきましょう。英単語を覚えることにもなりますし、英文法を学ぶことにもなります。

目を休ませながら勉強ができることも、睡眠学習には効果的です。英語が苦手な人でも、これであれば長期的に継続してできるのではないでしょうか? 眠っている間に、寝る前に聞いた英文が記憶され、少しずつ英語の能力が高まっていくと考えられます。

無料の英語コンテンツ

現在、無料の英語コンテンツがインターネット上に溢れています。昔は、無料となるとラジオを聞くしかありませんでしたが、今はネットで探すと様々な無料コンテンツが見つかります。特におすすめなのがPodcastを使うことです。Podcastとは、インターネットラジオの一種で、自分の好きな時間に好きなコンテンツを選んでラジオを聞くことができます。スマートフォンなどを、Podcastアプリをぜひダウンロードしてみてください。

Podcastには、様々な無料英語コンテンツがあります。全て英語のもの、英語と日本語が交互に流れるものなどありますので、自分のレベルにあったものを見つけましょう。面白いコンテンツも多く、飽きることなく継続的にできるでしょう。

 

【参考】
日本経済新聞「仮眠とれば技能向上 運動・勉強の記憶、脳に定着」
睡眠健康大学「睡眠と学習に関する実験」

 

Photo by Jessica Watkins DeWinter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂