単相性睡眠、多相性睡眠とはなにか? その実態を探る!

Medical 2014年06月08日(日)

単相性睡眠、多相性睡眠とはなにか? その実態を探る!

多相性睡眠と単相性睡眠

私たち人間はいつから、夜中にまとめて睡眠をとるようになったのでしょうか? 考えてみれば、夜中、天敵などに襲われる可能性があれば、そんな悠長なことはできないはずですよね。そこで今回は、私たちの睡眠スタイルについて調べてみました!

単相性睡眠と多相性睡眠の違いとは?

夜から朝にかけてまとめてとる約7時間の睡眠。これはごく一般的な睡眠スタイルだと思いますが、このような睡眠を「単相性睡眠」と呼ぶそうです。じゃあ「多相性睡眠」は何かというと、まとめて数時間とるのではなく、小分けにして睡眠をとることを言うんだとか。

さらに調べてみたところ、人間はもともと多相性睡眠をしており、照明などの文明の機器が発達してから単相性睡眠をするようになったそうです。照明がなかった昔は、夜中に一度起きて、村の人たちとおしゃべりなどをして再び眠りについていたと考えられているようですよ。

おもしろいですね、そんな光景。でもなかにはきっと、そのまま朝まで寝てしまう人もいたはずですよね!

睡眠スタイルを途中で変更する人たちもいる

実際に、まとめて夜に睡眠をとっていた人が途中で多相性睡眠に切り替えたという例も多数あるそうです。たとえば、夜から朝まで7時間寝ていたのを「夜は3時間半、日中に20分×3回」に変更した人もいるとか。すごいですよね、私は夜中の3時間半後に目覚ましをかけても毎日朝までぐっすり寝てしまいそうですが……。

このように睡眠スタイルを変更した理由に関しては、「時代の変化の早さ」を理由に挙げる人も多いようです。確かに、今は夜中も店やコンビニは開いていますし、私から見るとネットの住人の方たちは24時間フル活動しているように感じます。世界が動いているのに、自分だけが取り残されるという感覚が生じても不思議ではない時代なのかもしれません。

不眠の人は多相性睡眠を試してみるのもアリ?

じつは人間には単相性睡眠よりも多相性睡眠のほうが生物学観点からみると合っているという説もあるそう。というのは、私たちの体には1日の間で高低している生理機能に関するリズムがあり、このリズムが低い(生理機能が低下する)ときに睡眠をとることが体にとっては理想的と考えられています。

しかし、このリズムは夜中だけ下がっているのではなく、日中の午後2~3時ごろにも低下していると言われています。海外では午睡(シエスタ)をとる習慣がある国もありますが、これは人間の本能から生まれた行動なのかもしれませんね。

このように考えると不眠で悩んでいる方も、睡眠を小分けにするというのを試してみるのも1つの方法かもしれません!

 

【参考】
ITメディア Biz誠
心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室ブログ

 

Photo by jakuza

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂