だるさと眠気を吹っ飛ばせ! 朝のダラダラ時間をなくす

Health & Beauty 2014年06月03日(火)

だるさと眠気を吹っ飛ばせ! 朝のダラダラ時間をなくす

朝のだるさと眠気アイキャッチ

朝起きてからすぐに動き出すことができず、布団の中から出られない、という状態に誰しも陥ったことがあると思います。起きたくても起きられない、もう少し寝ていたいと思って朝の時間を無駄にしていませんか? そんなときだるさと眠気をなくす、朝一番にできる簡単な方法をご紹介します。

体に刺激を与えてだるさと眠気をなくす

朝起きてすぐは、脳が働いていない状態です。体に刺激を与えることで徐々に脳が働き始めます。布団から出られない人は、寝たままの状態で手のひらを頭の上でグーパーグーパーと閉じたり開いたりしてみましょう。それだけで脳が働き始め、寝起きがよくなるそうです。

朝、熱めのシャワーを浴びるのも効果的だと言われています。交感神経が刺激されることでだるさと眠気が吹っ飛び、すっきりと目を覚ますことができます。朝が苦手な人は、朝シャンを取り入れてみてください。その他ストレッチをするなど、自分にあった方法で体に刺激を与えてみましょう。

環境を朝モードに! 光や音の効果

朝起きた瞬間の環境は、非常に重要です。特に光と音の環境を整えておきましょう。朝起きてすぐにしっかりと光をあびると、セロトニンの分泌が活発になります。セロトニンは、脳を目覚めさせる脳内物質です。光をあびることですっきりとした目覚めがもたらされます。朝起きたらまずカーテンを開けましょう。

また、音の環境も重要です。朝気持ちよく目覚められるように、目覚まし代わりに元気の出る音楽を流すなどして工夫しましょう。どうしても起きられないからと言って、騒音のようにいくつものアラームを鳴らすことはやめておきましょう。朝から嫌な気持ちになってしまうこともありますからね。

目覚めたら朝の時間を有効活用!

すっきりと目覚めた日には、だるさと眠気を吹っ飛ばし、朝の時間を有効活用しましょう。朝は、集中力が高い状態にあります。その時間を使ってストレッチするもよし、料理するもよし、英語の勉強をするのもいいと思います。おすすめは、その日やることを書き出してみることです。自分のやるべきことがはっきりと視覚化され、頭の中まですっきりさせることができます。

どうしても朝ダラダラしてしまうという方も多いと思います。いろいろ試していく中で、自分にあった朝時間の使い方を見つけていきましょう。朝の時間を有効活用できると、さらに前向きな気持ちになることができます。

 

【参考】
日本経済新聞『朝のダラダラ』にサヨナラ 5つのアクション」

 

Photo by Kathryn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂