忙しい女性たちが行っている美容・健康のための睡眠術

Health & Beauty 2014年05月22日(木)

忙しい女性たちが行っている美容・健康のための睡眠術

美容・健康のための睡眠術アイキャッチ

美肌と健康のために睡眠時間を活用する女性たちは多い

2010年に実施された、全国の20~50代の社会人・男女1,200人を対象に行われたクロス・マーケティングの調査によれば、夜寝ている間の時間を美容や健康に活用する「寝活(ねるかつ)」に対して意欲的な女性は、全体の約7割を占めたそうです。

具体的な活動内容としては、「髪のトリートメント、パックをしてから寝る(30.4%)」「就寝直前にコラーゲンや乳酸菌飲料、サプリメント等を飲んで寝る(25.3%)」「足のむくみとりソックスを履いて寝る(18.5%)」「スチーマーや加湿器をつけて寝る(13.3%)」といったものがあげられています。

4年経った現在においては、睡眠中に美容・健康活動を行う助けとなる商品がさらに進化を遂げていることから、この「寝活」を実践する女性たちはさらに増えていることが予想されます。

睡眠前の時間も惜しむ! 睡眠中に何ができるかがポイント

美肌をつくる質のいい睡眠を得るためには、室内の照明を落としたり、アロマをたいたり、ハーブティを飲んだり、癒しの音楽を聞いたり、全身ストレッチをしたりと、寝る前30分~1時間の活動が推奨されています。

しかし、夜遅くに帰宅する働く女性たちにとって、この眠る前の時間すら取れないことも多いようです。このことから、寝る前に何かをすることよりも、髪のトリートメントやパック、むくみ防止ソックス、スチーマーなど、寝ながら行える美容活動のほうが、人気が高いようです。

最近では、ナイトレギンスや首元を温めることのできる貼るシートなども登場しています。電力を使わないエコなグッズは、長時間の睡眠中でも気にせずに、積極的に寝ながら美容活動が行えるので、特に人気を集めているようです。

質のいい睡眠をとることそのものも「寝ながら美容」

「質のいい睡眠をとる」ということ自体が「美肌をつくる」ということは、忘れたくないものです。

美肌をキープできている肌というのは、ターンオーバーと呼ばれる肌代謝が正常に働いている状態です。健康な肌は28日周期で生まれ変わりますが、この周期が遅れてしまうと、シワやくすみの原因になるといわれています。

このターンオーバーがもっとも活発になるのが、夜22時から2時くらいだといわれています。この時間帯に、ターンオーバーを活発にする成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。特に、夢を見ないノンレム睡眠時に相当するといわれています。

睡眠は「最高の美容液」ともいわれています。毎晩帰りの遅い働く女性にとって、22時の就寝は、むずかしい現実があります。毎晩せめて0時には寝るようにするなど、一定のリズムをつくるよう心がけることも大事です。

グッズもいらず、お金もかからない「寝ながら美容」!

まずはここからはじめてみたいところです。

【参考】
クロス・マーケティング「【仕事がある日の時間活用】健康・美容に関する意識調査」
日本経済新聞「女性が注目する「ながら眠活」」
ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ「美肌のための睡眠」
荏原病院「美肌はいい睡眠で作られる!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂