成長ホルモンをたっぷり分泌させて、薄毛や抜け毛を防ごう!

Health & Beauty 2014年05月19日(月)

成長ホルモンをたっぷり分泌させて、薄毛や抜け毛を防ごう!

睡眠不足による薄毛や抜け毛アイキャッチ

増えている女性の薄毛や抜け毛 睡眠不足が原因かも?

「最近、髪の毛が抜ける本数が増えた気がする……」こんなお悩みありませんか?

お風呂やシャワーのあと、排水溝に残っている毛の量がいつもより増えていて、おかしいなと思っている方もいるかもしれません。

「毛が薄くなる」というと、なんとなく男性のイメージがありますが、実は女性も加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などによって薄毛や抜け毛が起きるのです。

眠っている時間は、頭皮や髪を作り出す毛母細胞が修復される時間です。睡眠がたりていないと毛母細胞が修復され、次第に髪がやせていってしまいます。睡眠不足で肌荒れを起こすことがあると思いますが、髪も同じで睡眠不足が続くと、薄毛や抜け毛となって現れてきてしまうのです。

睡眠時の「成長ホルモン」がカギ

髪がどのように作られているのかを知れば、睡眠がなぜ髪にとって大事なのかが見えてきます。髪が作られるのには、成長ホルモンと呼ばれるホルモンが深く関わっているといわれています。

髪は「ケラチン」というタンパク質でできています。成長ホルモンは、体の中のタンパク質の合成を促す作用があるため、タンパク質である髪の形成は成長ホルモンの作用を大きく受けることになります。よって、成長ホルモンの分泌量が増えれば増えるほど、髪は健康でしっかりとしたものに成長し、薄毛や抜け毛とは無縁になるといわれています。

薄毛や抜け毛を防いで、健康的な髪を手に入れるには、成長ホルモンを分泌させてあげればいいわけですが、成長ホルモンはいつも分泌されているわけではありません。実は、成長ホルモンが多く分泌されるのは、睡眠中なのです。

睡眠中に成長ホルモンを分泌させて美髪を目指す!

太くしっかりとした髪を作り出すためには、睡眠中に、成長ホルモンをいかに分泌させるかにかかっています。成長ホルモンの分泌量が増える時間帯というものがあるので、そこでしっかりと睡眠をとる必要があります。それは、午後10時(22時)~午前2時の、いわゆる「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間です。

しかし、これには条件があります。この4時間の間にただ眠ればいいのではなく、「質の高い睡眠」をとらなければならないのです。なぜなら、「質の高い睡眠」であればあるほど、最大限に成長ホルモンが分泌されるといわれているからです。

「質の高い睡眠」にするにはコツがあります。例えば、睡眠前に入浴や軽い運動などをし、体温を一時的に上昇させて、寝床についたときにうまく体温が下がっているようにすることや、寝る30分前には照明を暗くして過ごすこと、睡眠をさまたげるカフェインやタバコなどを控えるなども効果があるといわれています。

質の高い睡眠を志して、薄毛や抜け毛の悩みもすっきり解消してしまいましょう!

【参考】
野村医院「薄毛」
ヘアメディカルビューティー「女性が薄毛になる理由」

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂