安眠を誘う香り・アロマオイルでリラックスタイムを作ろう!

Health & Beauty 2014年05月15日(木)

安眠を誘う香り・アロマオイルでリラックスタイムを作ろう!

アロマの香りで安眠アイキャッチ

医療機関も認めるアロマセラピー

「香りなんかなくても生きていける、わたしは無臭派」。そんな人も少なからずいるかもしれませんね。それはそれで良いのですが、不眠の悩みにいい影 響があると聞いたらどう思いますか? アロマテラピーはもはや単なる気休めというよりは、医療機関にも取り入れられるれっきとした健康法の一つ。

考えてみると、外国に行って帰ってきたばかりのとき、以前はほとんど意識しなかったのに、みそ汁やしょうゆの香りがたまらなくかぐわしいと思った経 験はありませんか? 人は「自分は無臭が好きだ!」とは言っても、無意識のうちに慣れ親しんだ心地よい香りに癒されることがあるのです。

ですから、ちょっと視点を切り替えてアロマテラピーを試してみるのはどうでしょう? もしかしたら、「なんだかなつかしい……」とか「これなら心地よい」と思える、そんなリラックスさせてくれる香りが発見できるかもしれません。

ストレスにも種類がある!?

人が感じるストレスには、暑さや寒さからくるものもありますし、対人関係などから引き起こされる不安や緊張、怒りといったものもあります。ですから、自分の状況が何によるものかをよく見極めるのも大切です。それによって、あなたに合ったアロマが何かが違ってくるからです。

例えば、「血行が悪くていつも頭痛、肩こりが取れない……」。そんな人は、身体を温めて血行を促してくれるアロマを選びましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってアロマバスを楽しむのもおすすめです。

他にも、「仕事や対人関係でのストレスで、いつも緊張している感じ……」。そんな人はリラックス効果の高いアロマを選びましょう。香りをかいだときに、スーっと目をつぶってしばらく何も考えなくなるような、肩の力が抜けるような、そんな香りがおすすめです。

上手にアロマを取り入れれば、神経と身体をリラックスさせて、あなたの睡眠の質を高められるかもしれません。

アロマオイルのいろいろな使い方

さて、ご自分の状況や好みに合ったアロマを見つけたら、さっそく今日から試してみましょう!

朝がんばって起きたときには、マグカップアロマがおススメ。マグカップにオイルを1、2滴たらし、熱いお湯を注いでテーブルに置いておけば、スッキリ目が覚めるかもしれません。安眠のためには、メリハリも大切です。日中、緊張の連続を和らげるために、神経の高ぶりを鎮めてくれるアロマオイルをそっとハンカチに忍ばせておくのも効果的。ちょっとした時間を見つけてアロマ吸入!緊張した身体や神経をほぐしましょう。

他にも、アロマウォ―マーやアロマキャンドルを焚いてお部屋でリラックスしたり、マッサージに使ったりといろいろ使ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂