安眠できるマットレスを買う前に知っておきたい基礎知識とは?

Goods 2014年05月14日(水)

安眠できるマットレスを買う前に知っておきたい基礎知識とは?

安眠できるマットレスアイキャッチ

マットレスの善し悪しで安眠レベルが変わる

枕が変わると眠れないという人がいますが、布団にも同じことがいえるのかもしれません。枕、布団は安眠にとって大切なアイテムです。しかし、最近注目を集めているのはマットレス。マットレスの善し悪しで安眠レベルが天国と地獄に分かれるようです。

確かにぐっすり眠ったつもりでも疲れが取れないことはありますよね。マットレスひとつで安眠を得ることもできれば、かえって寝心地の悪さから疲労感が溜まることもあるでしょう。

小売店に行けばたくさんの種類のマットレスが売られています。皆さんはどのような基準でマットレスを選ぶでしょうか? 中には少しでも安くと値段重視で選ぶ方もいるでしょう。また、通販で手軽に購入される方もいるかもしれませんね。マットレスには人それぞれに合うもの合わないものが存在します。

寝返りすることは安眠に必要!

自分に合ったマットレスをいかに選ぶかがポイントになるわけですが、その前に基本的な知識を押さえておくことが大切です。寝る時、仰向けになったり、うつぶせまたは横向きになるなど、さまざまな姿勢をとるかと思います。

一般的に理想的な眠りの姿勢は仰向けにだとされています。基本的には、この仰向けの状態を維持できるマットレスを選ぶことが大切。仰向けに寝た状態で、背中と腰の間がマットレスから2~3㎝ほど開く、S字姿勢が保てる状態が理想的といえるでしょう。マットレスが硬すぎると反発性がなく血行が悪くなりますり、また寝返りが多くなるとされています。逆に柔らかすぎると体全体がマットレスに沈み、寝返りできなくなる欠点があります。

マットレスの開発競争は激化!

理想的なマットレスで寝ると一晩のうち50%近くを仰向けで寝ているとのこと。さらに、安眠には寝返りも必要になります。適度な寝返りは血行促進、腰痛予防にも役立ちます。理想的な安眠を得るためには、寝る姿勢、寝返りがポイントになりそうです。

安眠を追求した結果、各メーカーからは、新素材のウレタンを使ったマットレスなど、工夫を凝らした寝具が登場しています。フランスベッドからは画期的と思われる「こんにゃくゲル」を採用したマットレスが誕生しています。この他にも安眠を追求したマットレスが次から次に発売されています。

自分に合ったマットレスに出会うためには、実際に寝てみないと分かりません。通販で買うのも良いですが、お店に足を運んで理想的なマットレスを探してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂