夏に向けてダイエットをはじめる方必見! 睡眠不足が肥満を招く

Health & Beauty 2014年05月13日(火)

夏に向けてダイエットをはじめる方必見! 睡眠不足が肥満を招く

睡眠不足による肥満アイキャッチ

肥満の大敵は「カロリー」だけではなかった!?

「今年こそは夏に海で水着を着たい!」――そんな若者たちの心の声が聞こえてきそうな5月。そろそろ夏に向けて本格的にダイエットをスタートしようという方も多いと思います。でも今の時期、会社では何かと歓迎会なども多く、ついつい生活リズムが乱れてしまい、さらにカロリー過多になってしまうこともありますよね?

まぁ、ちょっと太ったとしても甘いものを少し控えればすぐに痩せられる……はずが最近、なぜか体重が減らない、というお悩みをお持ちの方もまた多いのではないでしょうか。週末にはちゃんと運動もしているのになぜか痩せない! もしも、そうだとしたら、そこにはあなたの睡眠時間が関係しているかもしれません。

睡眠不足とダイエットの密接な関係について徹底分析!

アメリカのある大学が平均4~7時間睡眠の人たちを対象に行った研究によると、4時間睡眠の人は7時間睡眠の人に比べて、なんと73%も肥満になりやすいということが判明しました。

これにはいくつかの理由がありますが、そのうちの1つが睡眠時間とダイエットに関する2つのホルモン食欲抑制作用をもつ「レプチン」と、食欲刺激作用のある「グレリン」の分泌量の影響が考えられるようです。

最新の研究では、睡眠時間の短い人のグレリンが増え、レプチンは減った状態、つまり「食欲は増加し、さらに代謝が落ちる」という身体になることがわかってきました。実は睡眠時間が痩せやすくなる身体にするかどうかの一因を担っていたのです!

夏に海で水着を着るために、今からはじめたいこととは?

では、今日からは毎日12時間寝れば痩せやすい身体になるのか、というと残念ながらそうではありません。9時間以上の睡眠は逆に太りやすい身体になるという研究結果もあるので、個人差はあるもののデータ上では7~8時間の睡眠がダイエットにはおすすめといえるでしょう。

ほかにも睡眠は、荒れた肌の修復や脂肪の分解を担う成長ホルモンの分泌と深く関わっているとされています。飲み会が多くなる時期ですが、できるだけ睡眠時間はしっかり毎日確保したいところ。

理想は、この成長ホルモンの分泌が最も多くなる23時頃ともいわれていますので、ぜひ1つの目安にしてみてください。充実した睡眠ライフでキレイな身体を手に入れたいですね!

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂