規則正しい食生活は”健康な睡眠のリズム”を呼ぶ! 

Health & Beauty 2014年05月11日(日)

規則正しい食生活は”健康な睡眠のリズム”を呼ぶ! 

規則正しい睡眠アイキャッチ

規則正しい食生活と十分な睡眠は、太りにくい体質を作る

規則正しい食生活をしていると、不規則な生活をしている人より食べても太りにくい体質である人が多いことは昔から知られています。でも同じ食事をしているのに、不規則な生活をしている人の方が太りやすいのはどうしてでしょう?

こういった人は、夕食をとるのが遅くなるので、就寝までの時間が短くなってしまいます。そのため消化吸収に十分な時間がとれないまま胃腸が休息体制に入ってしまいます。そうすると胃腸は、急ピッチで胃に入ってきたものを十分に消化しない状態でのままで小腸に送ってしまいます。

そして小腸で、その分時間をかけてゆっくりと栄養を吸収していくことになります。そのために同じカロリーの食事をとっても寝る前3時間に食事を終えた人に比べて、夜遅くまで飲み歩いていた人の方が、太りやすい体質になってしまうのです。

体内時計は膵臓のインスリンが調節している!

食事をとって消化が始まると、糖分を分解するインスリンが肝臓から血中に放出されます。ですから、1日の始まりは朝食を摂り肝臓からインスリンが放出されることで、体内時計が動き出します。

つまり、昨日どんなに遅い時間に寝ても、朝食をとった時間に1日が始まりますので、規則正しい時間に朝食をとれば体内時計の狂いも緩和されます。体内時計が正常になれば、夜も十分な睡眠が取れて心身のメンテナンスも十分できます。

だから、“1日の始まりは心地良い朝から始まる”と昔からいわれているのです。規則正しい食生活とは、毎朝決まった時間に起きて朝食をしっかりとっていれば、体内時計の狂いはいずれリセットされますので、毎日正常な体内時計ができていることになります。

“健康な睡眠のリズム”の作り方

朝起きると決まった時間に眠くなるように脳が指令を出します。体内時計が正常ならば、脳は適切な時間に、体が睡眠の準備をするように指令を出します。そうして深い睡眠を得て心身のメンテナンスも行われ、翌朝の爽やかな目覚めに繋がっていくのです。

規則正しい食生活と良質な睡眠は、「健康な睡眠のリズム」を作り出すといえるでしょう。

“朝食→規則正しい生活→睡眠→爽やかな目覚め→規則正しい食生活”これが「健康な睡眠のリズム」です。

「健康な睡眠のリズム」を体がしっかり覚えてしまえば、代謝も上がり健康に近づけます。そのためにもまずは朝食をしっかりとることから始めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂