成功したいなら十分な睡眠を! アリアナ・ハフィントンが語る睡眠の重要性

Topics 2014年04月30日(水)

成功したいなら十分な睡眠を! アリアナ・ハフィントンが語る睡眠の重要性

アリアナ・ハフィントン

インターネット新聞「ハフィントンポスト」の創設者であるアリアナ・ハフィントンは、カリフォルニア州知事にも立候補した成功者の一人です。彼女は、世界的な講演会「TED」で「睡眠こそが成功するための鍵である」と語りました。「睡眠によって、自分たちの中に眠っている大きなアイデアを解き放つことができるのです」というのです。ここでは、そのアリアナの言葉についてくわしく紹介していきたいと思います。

睡眠不足で5針縫う大怪我を負ったアリアナの気づき

アリアナは、かつて疲労で意識を失い、机に顔を打って頬の骨を骨折し、右目の上を5針縫う大怪我をした体験を語ります。この大変なできごとの後、彼女は医師や科学者に学び、新しい気づきを再発見したと言います。「より生産的でエキサイティング、かつ喜びに満ちた人生をもたらすのは十分な睡眠である」ということです。

アメリカで働く女性にとってシンボル的存在である彼女の「十分な睡眠が大事」という気づき。特に目新しいことではないと感じるかもしれませんが、あえてそのことを強調するには理由があるようです。

睡眠不足では目の前の氷山に気づかない?!

アリアナは、悲劇的な大事故として有名なタイタニック号の事件を引き合いに出して、こう言います。「リーダーには、タイタニックが衝突する前に氷山を発見する力が求められます」何時間も睡眠不足で働き続けて、頭が朦朧としている人に比べて、7~8時間たっぷり眠っている人であれば、巨大な氷山のような将来的なリスクの存在に、より早く気づくことができるという意味です。

歴史に残る大惨事であるタイタニック号の事故を喩えとして出したのも、それだけ睡眠不足が大きな損害に繋がる可能性があるということを強調したかったからではないでしょうか。

睡眠不足が流行!? 間違った認識に警笛

アリアナはさらに「最近のアメリカ社会では睡眠不足が流行になっている」と語ります。睡眠不足がいわゆる「男性らしさ」の象徴ですらあるというのです。

彼女がある男性と食事をしたとき、その男性は「前夜は多忙で4時間しか寝ていない」と自慢げに語ったそうですが、彼女は「何それ? もしこの人が5時間寝ていたらこのディナーはもっと盛り上がっていたかもしれないのに!(自慢げに語るなんて)」と内心ムッと思っていたそうです。

たっぷりと睡眠をとれば、物事を広い視野で見ることができ、人生をより充実させることができる。そして、さらに大きなアイデアを自分の中に生み出すことができると、彼女は講演を締めくくりますが、皆さんはどう考えるでしょうか?

ちなみに、この講演の様子は、こちらで見ることができますよ。

気になる人はぜひ参考にしてみてください。

【参考】
TED「アリアナ・ハフィントン「成功の鍵とは?もっと睡眠をとりましょう」」

photo by:C2-MTL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂