最適睡眠時間あなたは何時間? 日中のだるい・眠いがなくなる方法

Lifestyle 2014年04月10日(木)

最適睡眠時間あなたは何時間? 日中のだるい・眠いがなくなる方法

みんなどれくらい眠っている?平均睡眠時間

あなたは、自分自身が何時間寝れば調子が良くなるのか知っていますか? 一般的には、人は1日に7~8時間は眠る必要がある、と聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

日本人の睡眠時間の平均は7時間42分だそうです。もちろん、年齢や性別によっても睡眠時間の平均は変わってきますが、多くの人が快適な生活を送るためには、7時間程度の睡眠時間を確保する必要があるようです。

人間の最適な睡眠時間ってどれくらい?

昼寝を含めた1日当たりの睡眠時間が7時間より多くても、少なくても、心疾患リスクを増大させるという調査報告があります。つまり、人間にとって、睡眠不足でも、寝過ぎても健康によくないということです。アメリカ睡眠医学会も、成人の睡眠時間は7~8時間がよいと推奨しているそうです。

とはいえ、平均睡眠時間は、あくまで平均です。ナポレオンやエジソンの1日の睡眠時間は3~4時間程度だったそうですし、アインシュタインは10時間以上眠っていたといいます。最適な睡眠時間は、人によってばらつきがあるのです。また、季節によってもその長さは変化します。つまり、自分の最適な睡眠時間を知ることが大事なのです。

自分の最適な睡眠時間をはかる目安とは?

自分に最適な1日の睡眠時間を知るための目安として、「日中に快適に活動できる」ことがあります。とはいっても、快適かどうかは、気分やその他の条件によっても変わってくるため、あいまいになりがちです。そこで、できるだけ正確に最適な睡眠時間を把握するために、次の習慣にチャレンジしてみましょう。

まずは、7時間を目安に、前後15分ずつ睡眠時間をずらして寝る実験をしてみます。その際は、起床時間と就寝時間をきっちり定めて実践してください。また、朝起きたときにカーテンを開け、日の光を浴びて一気に覚醒を促すなど、生体リズムのメリハリをつけることもポイントです。

そして、日中、どのように活動できたかということをノートなどに記録していきます。
チェック項目としては、「朝起きたときのスッキリ感」「朝起きたとき、疲れがとれているか」「午前中から勢いよく活発に活動できたか」「日中、眠くならなかったか」「週末も同じ時刻に寝起きができたか」などがあります。

「週末に午前中から余暇活動ができる、あるいは週末の睡眠時間が平素の睡眠時間プラス1~2時間でおさまる、くらいが適度な睡眠の目安」だそうです。
自分の最適な睡眠時間を見つけて、毎日キープするようにすれば、心身ともに健康に暮らすことができ、日中の仕事のパフォーマンスも上がります。ぜひトライしてみてください。

【参考】
内閣府「日本睡眠学会に聞く!睡眠に関するQ&A」
公益財団法人 健康・体力づくり事業財団「必要な睡眠時間」

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂